rabishのブログ

留学についてのブログです🌻

マルタ留学Finish🌻

みなさんこんばんは🌻

数日前にマルタから帰国してきました。

 

あっという間の半年間でした。

マルタ空港に到着したばかりの記憶は今でも鮮明に覚えています(笑)

ドキドキワクワクこれからどんな出会い経験が待ってるのだろう...

 

ですがその期待とは裏腹に思っていた以上の困難な壁。英語力の乏しさを来てすぐに痛感しました。

ある程度の英語力には自信があったはずなのに意外と理解されてもらえない、ネイティブの速さについていけない、、、特に最初の1か月は日々を重ねるごとに自信を失ってしまう、毎日でした。

留学1か月目を短く感じる人or長く感じる人に分かれると思います。私は完璧長く感じました(笑)あと5か月もどうしようかと、、、(笑)

 

でもそんな日々が徐々に楽しさに変わり、時間が立つのが早いと感じるように。まさしくこれは友達の存在です。

世界中からの友達をたくさん作ることができました。英語の学びはもちろんのこと、文化や価値観の違いも直で触れることができました。また他国のことについて知る反面、自国の知識が浅いことにも気付かされました(笑)

彼らから学べることが本当にたくさんありました。それは学校で勉強するような文法、語彙等の教科書に載っている表面上なことではなく、お互いの考えや想いを伝え合い、時には理解に苦しみ、それをどう受け入れるか、決して教科書の情報だけでは分からないコアなことまでも。

 

1人で留学に来たことは本当に正解だと思っています。何をするにも自分自身。

自身で動かないと何も変わりません。何度もこのブログでもお伝えしていますが留学しているからと言って勝手に英語力は伸びません。

 

半年という短い期間ではありましたが、貴重な経験だったと心から思っています。

本当に悔いないです。

来る前に比べ英語力だけでなく多方面で成長できたと感じています。

この素晴らしい経験を活かしてこれからもさらに英語力を磨き上げて頑張っていきます。

 

今後もマルタ情報を共有していきたいと思いますので見ていただけると嬉しいです🌻

 

帰国してまだ間もないので一先ず日本食を思う存分満喫したいと思います(笑)

 

本日も最後まで見ていただきありがとうございました🌻

 

p.s. 日をまたいでしまいましたが、ブログを書いていた10月2日が私の誕生日した(笑)どうしても2日に更新したいと思っていましたが間に合わず、、、(泣)

ダブルピースの年になりました(笑)焦らずマイペースに素敵な1年を過ごしていきたいと思います🌻

 

 

 

 

 

 

 

Netherland Trip🌻

みなさんこんばんは🌻

 

本日私が通う語学学校でCeritification(修了証明書)を頂きました、、、

明日がラストスクールなのですがまだ実感が湧きません(笑)

 

マルタ留学を通しての思い出はまだまだたくさんあります。ゆっくり更新していきたいと思いますので見ていただけると幸いです。

 

本日はまたまたマルタ情報ではなくNetherland Tripについてお話しようかと思います(笑)ベネチアに引き続き、先日オランダにも行ってきました!

マルタで出会ったオランダ人の友達の家にお邪魔させていただきました🌻

 

1日目は彼女のホームタウンであるMijdrecht、2日目は首都Amsterdamを訪れました。

彼女のホームタウンはすごく田舎でThe Localが住む街です。しかし首都Amsterdamの近くに位置している街なので立地も良く、とにかく自然豊かな場所でした。

マルタは緑が少ない国なので、雰囲気の違いにすごく驚きました。

見渡す限りどこもかしこもみどりみどりみどりです(笑)

 

 

友達と彼女のお父さんと一緒にドライブに出かけ、2人が毎週末訪れるチーズ専門店に連れて行ってくれました。

中に入った瞬間チーズのいい香りが。

いつも2人が購入するチーズをその場で一口頂いてみました。チーズの種類などに全く無頓着の私は一体何のチーズを食べたのかは分からないのですが、独特な臭みもなくすすごく滑らかで食べやすくて美味しかったです。フレッシュなチーズを食べるならここに来るべきと友達も激推ししていました♡

 

さらに散策していますと、なんか視線感じるなーと思いその先を見るとまさかの鹿が。特に一頭の鹿がずっと私のことを見つめていました(笑)

ここは奈良でしょうか。(笑)少し日本を感じたひと時でした(笑)

 

オランダ観光と言えば多くの方が「風車」を思い浮かぶと思います。

ドライブ中に友達のお父さんが「ほら、風車だよ!!写真写真!!」といきなり言われアタフタしながら撮った風車写真です(笑)あいにくの雨に、さらに弾丸に撮った写真のためあまりいい写りではないのですが、、、(笑)これもまたいい思い出です。

 

さてスイーツ好きの私にとっては訪れるその国ならではのスイーツを食べることが必須となっています(笑)友達1番のおススメはトンプースというお菓子です♡

オランダで有名かつ定番のお菓子のようで、誕生日やお祝い事等でよく食べるようです。パイ生地にたっぷりのカスタードクリームが入り、ピンク色のアイシングが塗られています。モチのロン、あまーくてとても美味しかったです。全然何個でも食べられます(笑)

トンプースを食べながら映画鑑賞。でも映画よりもお喋りに夢中であまり映画の内容覚えていません(笑)これも本当に素敵な思い出の1つです。

 

 

2日目は首都Amsterdamへ!

The LocalなMijdrechtとは違いAmsterdamはナショナリティが豊富で多くの人で賑わいを集めていました!!🌻

Amsterdamで撮ったお気に入りの写真です。

運河ツアーにも参加し、水上から見るアムステルダムの建物、行き交う人々、くつろぐ人々、日常的なAmsterdamの様子を楽しむことができました。

 

少しわかりにくいのですがレインボーフラッグが立っているお店が見えるでしょうか。

Coffee Shopと書かれています。オランダに来た際、コーヒー飲みたいなあと思いCoffee Shopを目にして、よしここに行こう!となると大きなミスを犯します(笑)

オランダでみるCoffee Shopはコーヒーが飲めるカフェではなく、、、ドラッグのお店なのです。オランダでは大麻合法の国となっています。そのためここは大麻を吸いたい人が訪れるお店なのです(笑)なんとも紛らわしい、、、(笑)

みなさん要注意ですよ!!!(笑)

マルタでこのオランダの友達と遊んだ際、その当時何も知らない私は「喉乾いたからコーヒショップ行こう」と言うとめちゃくちゃ笑われました。「オランダでいうとみんな誤解するからね」と言われその日以来コーヒショップとは一度も口にしていません(笑)

 

 

毎週末友達は遊ぶとなるとAmsterdamに行くようで、お気に入りのベーグル店を紹介してくれました。

マルタのパンは固いパンばかりで、マルタでベーグルを食べた際、この友達は「硬すぎる! オランダのベーグル恋しすぎる!!」とずっと言っていました。そのためオランダベーグルがとても気になっていたので念願のオランダベーグルを頂くことに!!♡

オランダベーグル最高です。友達の言っていた通りです。マルタベーグルは硬かった、、(笑)

オランダベーグルはソフトでまたこのスクランブルエッグが美味しすぎる、、、

ソフトブレッドソフトエッグ、、、ベストコンビネーションでした👍

オランダでベーグル食べたい!と思った際は是非訪れてみてくださいね🌻

 

Bagel&Beans https://www.google.co.jp/search?client=safari&hl=en-jp&sxsrf=ALiCzsbwLTfJuUkGd19OnzxcbQRl-lHZWQ:1663851103262&q=bagel+beans+Amsterdam&spell=1&sa=X&ved=2ahUKEwiD_9-vuKj6AhVlgf0HHcaABvwQBSgAegQIAxAC&biw=414&bih=715&dpr=2#trex=m_t:lcl_akp,rc_f:rln,rc_ludocids:9656588828357584642,ru_gwp:0%252C7,ru_lqi:ChViYWdlbCBiZWFucyBBbXN0ZXJkYW0iA4gBAUif4sSL54CAgAhaIRAAEAEYABgBGAIiFWJhZ2VsIGJlYW5zIGFtc3RlcmRhbZIBCmJhZ2VsX3Nob3CaASRDaGREU1VoTk1HOW5TMFZKUTBGblNVUnpNSFIyUnpSQlJSQUKqARMQASoPIgtiYWdlbCBiZWFucygA,trex_id:Z3KXef&lpg=cid:CgIgAQ%3D%3D

 

 

続いてはミュージアムです🌻

学校の先生がオランダLoveな先生でアムステルダムでおススメのミュージアムを紹介してくれました!友達も行ったことがないため訪れることに!!

Stedelijk Museun(ステデライク・ミュージアム)はモダンアートのミュージアムとなっています。ミュージアムとなるとと歴史的なクラシックミュージアムを思い浮かべるのですが、ここでは現代の社会問題をアートで表現するものやもちろん歴史的背景のものまでバラエティ豊富な作品が並び、どれも本当に興味深くて時間を忘れてさせてくれます。気づいたら3時間以上も滞在していました(笑)

下記の写真が外観になります。内観はあえて載せないので是非アムステルダムに来た際はモダンアートを自分の目で確かめてみてください🌻

 

☆Stedelijk Museun https://www.google.co.jp/search?q=stedelijk+museum&client=safari&hl=en-jp&sxsrf=ALiCzsbNLGbf86gySs34H4I_iiKPbKkkjQ%3A1663851674126&ei=mlwsY6WhB_q-xc8PytqawAQ&gs_ssp=eJzj4tTP1TcwLjIpMTFgtFI1qDAxTzYzsEw1NTNPtTQ2MEqyMqhITTZOtkxMTDFMTk5MSUpN9BIoLklNSc3JzMpWyC0tTi3NBQCP9RUp&oq=Stedelijk+Museum&gs_lcp=ChNtb2JpbGUtZ3dzLXdpei1zZXJwEAEYATIECCMQJzIKCC4QxwEQrwEQQzIGCAAQHhAHMgYIABAeEAcyBggAEB4QBzILCC4QgAQQxwEQrwEyBQgAEIAEMgUIABCABEoECEEYAFAAWABgnQloAHABeACAAcgBiAHIAZIBAzItMZgBAMABAQ&sclient=mobile-gws-wiz-serp

ミュージアム付近は大きな広場がありそこではピクニックをする人もいればお喋りを楽しんでいる人、のんびりとくつろいでいる人、音楽を奏でている人、ダンスをしている人etc...自然に囲まれながら自由気ままに過ごす人々の様子をうかがえることができました☺

 

さてさてまたまたスイーツに戻ります(笑)

オランダ・スイーツと検索すると一番に出てくるのはストロープワッフルです!

ワッフルはベルギーが有名なのですが、ストロープワッフルはオランダ発祥のスイーツとなります。丸くて薄いワッフル生地にキャラメルを挟んだお菓子です。

スーパーマーケット等でも販売しているようなのですが、せっかくなのでストロープワッフル専門店でトライしてみることに♡

できたてホヤホヤのストロープワッフルはあったかくてキャラメルの甘さとトッピングチョコの甘さがもう最高のマッチ! カロリーお化けですね。

ボロボロと落ちるので食べる時は注意してくださいね(笑)

 

 

またオランダならではのパンケーキもいただきました♡ カロリーお化けですね。

名前はパンネンクック。普通のパンケーキとの大きな違いは厚さ。パンネンクックは薄焼きで作られ。パンケーキというよりもクレープとパンケーキの間のようなものですね!

スイーツなものからベーコン&エッグなどをのせたセイボリーなものまで色んなテイストがあります。

セイボリー定番のベーコン&エッグに挑戦してみました♡

思っていた以上に薄かった!!(笑)絶対こんなんお腹満たされへんと思っていたのですが、、、完食した際にはもうお腹パンパン!!薄いですがとても大きいので十分に満足すると思います! 味がもちろん抜群!!◎でも私的にはTheパンケーキの方が好みかな、、、?(笑)

 

 

美しい自然に、温かい人々に、魅力的なアートに、オリジナルフードに、たっぷりとオランダを満喫することができました。

こうして海外の友達をつくり、友達のホームタウンを訪れ国の文化に触れ、家族とも交流し、素敵な思い出をたくさんつくり、、、マルタに来る前までは全くこんなことなんか予想していませんでした。本当に出会いに感謝です☺

 

マルタ留学を通し、英語だけでなく出会いの大切さをいっぱい感じました。

残りのマルタ生活楽しむぞ~~~!!!

 

本日も最後まで見ていただきありがとうございました🌻

 

 

Venice Trip🌻

 




みなさんこんばんは🌻

 

マルタ留学も残すところ1週間です。まだ信じ難いです、、、。

マルタでは色んな思い出を作ってきましたが、本日はマルタではなくイタリアについてご紹介しようかと思います(笑)

先週にベネチアへ2泊3日の弾丸旅に出かけてきました🌻

ベネチア旅で起きたハプニングも含めてお話しできたらなと思います(笑)

 

ベネチアといえばやはり水の都ですよね!

もうどこを切り取っても絵になる場所で本当に美しい街でした。まるで異世界に来たかのようです。

初日はベネチア市内を余すことなく散策しました。どこを歩いても飽きることなく場所によっては全く雰囲気が異なり、常に新鮮な気持ちで楽しむことができました。

 

友達曰く、イタリアはティラミスとジェラートがとても美味しいとのこと。スイーツ好きの私にとってはたまらなく嬉しい情報です。

人気のティラミス店とジェラート店を訪れました♡

 

まずはティラミスから。甘さとコーヒーのほろ苦さが絶妙にマッチしていてクリーミーでとても食べやすく、すごく美味しかったです。また中心に見えるのがカンノーリという、イタリア発祥のスイーツです!マルタで一度食べたことがあり、初めて食べたときのあの感動は忘れられません(笑)イタリア発祥ならマストで食べないとと思い、ティラミスとセットで頼んじゃいました(笑)しかし個人的にはマルタで食べたカンノーリの方が美味しかったかな、、、?(笑)まあ、ティラミスがメインのお店なので良しとしましょう!(笑)

☆ティラミス店 Pasticceria Rio Marin
+39 041 718523

 

続いてはジェラート。これがめちゃくちゃ美味しかったです、、、。フレーバーはバニラチョコ。ベーシックなフレーバーですが今まで食べたバニラチョコの中で一番かと!!せっかくなら新しいフレーバーでも挑戦しようかなと思ったのですがやはりSimple is the bestですよね!!あああまた食べたいです、、、

ジェラート店 https://g.co/kgs/oZzZNj

 

散策を続けていますと、多くの人々が立ち止まって写真を撮っている場所を発見。

よく見るとそこはため息橋でした。

ため息橋の下で日没時に恋人同士がキスをすると永遠の愛が約束されるという言い伝えがあるようで、特にカップルに大人気スポットのようです♡

みなさんも是非大切な人と訪れてみてくださいね♡

 

 

続いてはイタリアのお友達から勧められた本屋さんに訪れてみました。

名前はLibreria Acqua Alta(アクア アルタ 書店)

アクア アルタとは異常潮位現象という意味を持つようで、この現象により冠水をしてしまうことも。地球温暖化により年々悪化していく冠水被害を訴えるべく、このような名前を付けたようです。中に入るとその訴えが、想いがすごく伝わる書店になります。

ユニークな本やポストカード、リーフレットが並んでありとてもキュートでした♡

またオーナーが猫好きなのか、レジ回りには数匹の猫が(笑)

マルタと同じくのんびりとしたイタリアです(笑)

☆Libreria Acqua Alta(アクア アルタ 書店)https://g.co/kgs/asE8Gw

 

続いてはサン・マルコ寺院ベネチアの有名な観光スポットの1つですよね!

しかし、、まさかの一部が改装中で少しガッカリ、、、。

また中に入る際には短パンやノースリーブ等の肌を露出した服装が禁止されていたため無知だった私は短パンで訪れてしまい入れず、、、(涙)

外観の眺めだけを楽しみました。しかし外観だけでも壮大な眺めでインパクトがあり見る価値大です!!!

 

 


とにかく初日は歩きに歩きまくりました、、、💦

帰宅して歩数アプリを開いてみるとまさかの3万歩も歩いていました、、、過去最高記録です、、、(笑)

 

 

さて2日目は、ベネチア本島から離れた島に行きました!

ムラーノ島ブラーノ島です☺

ムラーノ島はグラスが有名で、完全ハンドメイドです。同じものが存在しないという特別感があって素敵ですよね!!

ジュエリーが特に綺麗で様々なシェイプにカラーにお土産にどれを買おうか本当に悩みました💦 ハンドメイドショップが至る所に並んでおりどの店を訪れても素敵すぎてどこかのサイトで小さい島だから1,2時間程度の散策で十分と書いていたのですが4時間以上は滞在していましたね(笑)優柔不断な性格がここで出てしまいました、、(笑)

 

続いてブラーノ島です。

ブラーノ島はカラフルな家々に伝統レース編みが有名な島です!

レース編みはブラーノ島の文化の一部でもあり、地元民の手作りで1年ほどの時間をかけて1つの作品を作り上げています。そしていつしか手の込んだこのレースの編み技術が世界的に認められるようになったそうです。

 

 

またポップでカラフルな建物としても有名なブラーノ島。とにかくどこを撮ってもインスタ映え間違いなしですよ!!(笑)

一軒一軒違う色で塗られており本当に可愛い町並みです。地元民は観光客がここに来て自宅前で写真を撮られても全く気にしていない様子。もう慣れているんでしょうね(笑)

 

日が沈み出すにつれ、人の数も少なくなってきた夜のブラーノ島の風景をパシャリと。

静寂な空間にライトが灯しだされ本当に美しい眺めでした。


ベネチア本島からムラーノブラーノ島へと行くにはヴァポレットと呼ばれる水上バスに乗って移動します。1日乗車券を買うことをおススメします!2020年時点のサイトを見た際には20ユーロと書いていたのですが、現在は25ユーロ。まさかの5ユーロも金額上昇、、、。パンデミック等の影響で価格上昇しています、、(泣)

今後もどうなるか分からないので皆さん要注意です、、、!

 

 

さて本島に戻りベネチアで過ごすラストナイトは、、ゴンドラです!!!

ナイトゴンドラに乗り、ベネチア市内のナイトビューを楽しんできました。

乗車時間は30分程度。日中に比べ夜はゴンドラを利用する観光客も少なく、プライベートな空間を味わうことができます。静寂な水音を聞きながら周囲の景色をゆったりと眺めることができ本当に幸せな30分間でした。

ゴンドラを漕いでくれたおじさんと少しお話をしたのですが、ベネチアではゴンドラを漕ぐスクールがあり多くの子どもたちはスキルを学ぶためスクールに通うようです。日本では少年野球やサッカー等のスクールが人気のようにベネチアではゴンドラスクールがごく当たり前に存在しているようです。なんとも興味深い情報でした(笑)

 

ゴンドラから見えるリアルト橋は迫力があり素敵でした。辺りに明かりが灯り、リアルト橋が輝いて見えました。本当に幻想的な景色を見渡すことができました。

 

3日目は帰りのフライトが早い時間だったため、丸々2日間のベネチア満喫旅でした。

本当に夢の世界に来たかのような気分で何もかもが素晴らしかったです。

今しかできない経験だなあと、常々感じながら一瞬一瞬の時間を大切に過ごした旅でした。

マルタ留学残り1週間。一瞬一瞬を本当に噛み締めながら最後まで頑張りたいと思います☺

 

 

P.S.ベネチア旅で起きたハプニングについて。

 

ベネチア到着したてホヤホヤの初日です。ベネチア市内を散策していますと伝統衣装を着たおばさまが立っており、可愛い衣装姿に目を向けていますと「良かったら一緒に写真を撮る?」とまさかのお誘いが。ベネチア到着したての私たちはまだフワフワした気持ちでいたため「わああやったああ!!」と思いながら満面のスマイルで一緒に写真を撮りました。

しかし写真を撮った後、「はい、じゃあ20ユーロ払って。」との一言。

「え、、、うそやん、、、そんなん聞いていない、、、」そう答えても、おばさんは無反応。「早く払って。」だけの一言。

20ユーロぼったくられました。これが海外です、、、、、、ばばあ許さねええええ!!

どうせ20ユーロ払うなら綺麗な女の人と撮りたかった、、、なんであんなおばはんに払わなあかんねん、、、、!!!!!!

ベネチア旅はこの最悪ハプニングからのスタートでした。。。。(笑)

しかし今となってはほんと笑い話です(笑)

海外でしか経験することのない出来事。これもまたいい思い出かとポジティブに考えます、、、💦

このおばさんとのツーショットは大切に保存しておきます。

みなさん!!!!本当にいつどこでぼったくられるか分からないので注意してくださいね!!!誰も信用してはいけませんよ!!!!!!!!!!(笑)

 

笑いあり涙怒りありのベネチア旅でした🌻

 

本日も最後まで見ていただきありがとうございました🌻









 



 

留学6カ月目の心境🌻

みなさんこんばんは🌻

 

マルタ留学生活も残すところ約2週間です。Time flies=あっという間です(笑)

6カ月目の心境についてお伝えしようと思います。

 

やはり6か月間という長い期間滞在していると何度もお伝えしているように出会いと別れを多く経験します。つい先日はベストフレンドの別れがありとても辛かったです、、、、ですがマルタでこんな素敵な出会いと別れを経験できるとは思っていませんでした。もちろんこれが最後のお別れではありません。必ずまた会おうと約束をしました☺

 

新しい友達をつくる。しかも海外。留学当初はとても大きなハードルでした。どうやって声をかけようかビクビクしていました。ですが今自分の周りには大好きな海外のお友達がいっぱいいます☺自分から声をかけることに何も抵抗を持たなくなりました。

自分から踏み出すことはすごく大切です。待っていても何も起きません。これは留学6カ月間の経験を通して本当に強く感じました。

だからこそ素敵な友達の出会い辛い別れの繰り返しの日々です💦

 

また留学当初に比べ話す内容もディープになってきました(笑)

日本語でも説明するのが難しいのに英語でどう伝えればいいのか、、、授業ではそういったとまどいに直面することもあります。ですが日常会話以上の踏み込んだ内容について英語で会話できている嬉しさ、楽しさが同時にこみ上げてきます☺

何度もお伝えしているようにインプットアウトプットが必要です。アウトプットを意識的にやり続けるとボキャブラリーの数が増えスピーキングに活かすことができます。

少しずつですが続けるうちに身になってきていると自身でも感じるようになってきました。

 

マルタ生活はもう十分に慣れました。特にバス(笑)

留学当初はバスがとにかく複雑で毎日のように間違ったバスに乗って乗り換えの繰り返しでした(笑)しかし今はもうプロフェッショナルです。2.3週間滞在の友達と遊ぶ際は常に私が先頭に立って皆を誘導しています(笑)友達にも「You are Maltese」と言われます(笑)私ももうそうだと認識しています(笑)

毎回買い物する際は食費を抑えるため一番安いスーパーマーケットへとバスを利用して行っています。みんなにそこまで行っているの!?の驚かれるのですがもう私は日常化され慣れました。6パック入りの重い重い水を運びながらのバス移動と寮までの強烈急な坂道を上る苦は未だに慣れませんが(笑)もうこれはトレーニングの一つだと思っています(笑)

 

毎日当たり前に繰り返していたことがそろそろ終わりに近づき始めると寂しくも感じます、、、

毎日を無駄に過ごすことなく最後まで思いっきりマルタ生活を楽しみたいと思います☺

 

最後まで見ていただきありがとうございました🌻

 

 

 

 

 

マルタでターキッシュ🌻

みなさんこんばんは🌻

 

マルタには様々な国籍料理レストランがあります。

先日トルコのお友達と一緒にトルコレストランに行ってきました!

他国のレストランでで自国の料理を頂いてもやっぱり本物の味ではないですよね💦

マルタにあるアジアンレストランで日本食を数回頂きましたがやっぱり日本で食べる味が断然美味しい、、、

これは世界共通に感じることだと思います!

しかし、先日行ったトルコレストランは実際にトルコのお友達が以前に行ったことある場所で本格的な味だと、トルコ民も認めるレストランです!(笑)

 

トルコの伝統的な料理にティーに人気のスイーツまで、トルコ文化をたっぷり堪能してきました☺

 

 

こちらはトルコのお友達が一番にススメてくれたトルコ風ピザ=ラフマジュンです!

パン生地にお肉、玉ねぎ、トマト、ピーマン等の具材が含まれています。ピザとは違いチーズは入っておらずまた生地も薄いのでとても食べやすくて美味しいです☺

食べる時にレモンを絞り少し酸味がかってグットコンビネーションです👍

左上の写真のように巻いて食べるのが通常の食べ方のようです!

 

こちらはトルコで大人気のスイーツ=バクラヴァです!

薄いパイ生地にピスタチオと甘いシロップが入ったとにかくカロリーお化けなスイーツです(笑)美味しくないわけがありません(笑)いったん食べ出すともう病みつきになります。みなさん注意が必要ですよ!!(笑)

 

最後にご紹介するのはターキッシュティーです!

トルコの紅茶は一般的にティーカップではなく可愛い小さなグラスで頂きます。

何も加えずストレートで頂きます♡ほんのりと甘さが効いていて癖になる味です。

トルコでは朝食や夕食後だけでなくその間の時間でもよく飲むようです。

トルコ紅茶を作る二段式ヤカンが一般家庭では普通にあるようです。一緒にレストランに行ったお友達ももちろん家でトルコ紅茶を作るようです。しかし彼女はティーよりもコーヒー中毒なようです(笑)💦

 

マルタでターキッシュ文化を味わえるとは、、、(笑)

さすがナショナリティ豊富な国マルタです♡

 

 

本日も最後まで見ていただきありがとうございました🌻

 

 

My favorite place 🌻

みなさんこんばんは🌻

 

先日再びゴゾ島に行ってまいりました!

改めてマルタ共和国についてご説明しますと、マルタは3つの島で構成されており、マルタ島・コミノ島・ゴゾ島と分かれています!

私が住む町はマルタ島であり、コミノ島、ゴゾ島行くにはフェリーを経由しなければなりません。

 

フェリーターミナルの行き方、乗り方等はまた後日ご紹介させていただきます!

 

とにかくゴゾ島に再度行きたかった理由はどうしても見たい場所があったからです。

その場所はTal-Mixta Cave=タルミシュタケイブです!

Caveとは洞窟という意味で、この洞窟の中から見えるRamra Bay=ラムラベイが絶景なんです。

 

Tal-Mixta Caveの近くにはバスステーションもなく30分弱ほどの道のりを歩くことに。もちろんタクシーを呼ぶことも可能ですが、冒険好きの私とお友達はあえて歩いてみました☺

The田舎です。ゴゾ島は地元民の多くが住む場所でとてもゆったりした穏やかな場所です。たまにはのんびりした街をぶらぶら過ごすのもイイですよね。

 

ワイワイおしゃべりしながら歩いていますと、友達が急に立ち止まり道沿いに並んである木を指差して食べようとのヒトコト。え、どーゆーこと?と思いながら近づいてみますと一体何なのかさっぱりわからぬ実がたくさん成っていました。

「ナニコレ?」と友達に聞いてみますと、「Prickly Pea知らないの?」とすごく驚いた様子でした(笑)いやいや知らない知らない知るわけない、、、(笑)

みなさんはPrikly Pea知っていますか?

調べてみますとウチワサボテンの果実のことを意味するようです。いやウチワサボテンも初めて聞きました、、、(笑)Prikly Peaを訳してみますと棘を持った梨となります。

友達のお父さんはチュニジア出身で、彼の地域ではPrikly Peaが至るところにあり食べまくっていたようです(笑)そのため友達も彼の故郷に訪れた際は木に実っているPrikly Peaをよく食べていたようです。

現在はメキシコやイタリアのシチリア島等で主に栽培されているようです。シチリア島に近いマルタだからこそたくさんのPrikly Peaが実っていたのだと思います。

お初のPrinkly Pea。お味は、、、甘くてとてもいい感じに熟されていて美味しかったです♡

しかし名前の通り棘が刺さっているので食べる時は要注意です!といってもどれだけ注意深く棘を避けて皮をめくろうとしても必ず棘に刺さります。(笑)

 

さてPrickly Peaをムシャムシャ頬張りながら歩いてきますとようやくTal-Mixta Caveの入り口が見えてきました!!ドキドキワクワクしながら近づていきますと、、、、

 

左の写真は洞窟の中から、そして右の写真は洞窟を出てから見えるラムラベイです。

日に照らされた海の輝きとその周りを囲んだ緑とのコンビネーションが完璧。

意外と知られていない場所なので人気も少なく静かな時間をここで過ごすことができます。あまりの美しさと心地よさに長時間私たちは滞在していました☺

 

Tal-Mixta Caveを下りますとすぐ目の前にはラムラベイが。

ラムラベイはゴゾ島で人気のビーチです!

赤い砂が特徴のラムラベイは特に夏のこの時期多くの観光客で賑わいを集めています。

 

私たちが到着したときはすでに夕方6時ごろだったのでそこまで人も多くなく、誰にも邪魔されることなく海辺をぶらぶらと歩きながらゆったりとした時間を過ごしました。

とにかく赤砂がさらさらで光り輝いていて綺麗でした。

 

私のお気に入りの写真です。

このお友達は来週に帰国となります。マルタで出会った親友であり、これまで色んな思い出を作ってきました。

寂しい気持ちでいっぱいですが、決して最後のお別れではなくこれから先も互いの国を行き来しながらたくさんの思い出を作っていく予定です☺

 

何度もお伝えしているように6か月間も過ごしていますと出会いと別れが多くあります。ですが様々な国籍のお友達との交流を通し毎日充実した日々を過ごしていると感じています。

 

本当にこの日は素敵な1日を過ごすことができました。

 

本日も最後まで見ていただきありがとうございました🌻

 




 





 

 

 

色々感じたこと。

みなさんこんばんは🌻

 

マルタ生活も残りわずかとなってきました。改めて1か月過ぎた頃に心境報告をしたいのですが、本日はマルタ生活を通して感じたこと、少しネガティブになるかもしれませんが共有したくブログでお伝えしようと思います。

 

マルタに来てからこれまで何度か差別的な言葉や振る舞いをされました。

道端やレストラン等の日常的な場面で見知らぬ人に急に「チャイナチャイナ」と発せられたり容姿をからかわれたり、、、

海外の人からしてやはりアジア人の見分けは難しいと思います。相手は何も考えず悪気があって発しているわけではないと思うのですが、見ず知らずの人にいきなりアジア人を皆ひとくくりにして言葉を投げかけたり、じろじろ見られたりすることがありました。また自分の容姿をマネされることもありました。

腹立たしい気持ちよりも悲しい気持ちが大きいです。小さなことかもしれませんが、自分のナショナリティアイデンティティを傷つけられたかのようで寂しくなってしまいます。

マルタは現在ホリデーシーズンをいうこともあり多くの観光客で賑わいを集めています。そのため様々なナショナリティで溢れています。

決してみんながそうなわけではありません。ごく一部の人が多様性の理解に欠けているだけです。マルタという国自体はとても穏やかで、また特にマルタ人はオープンで本当にフレンドリーです。

ただ、現在のマルタは国籍豊かな国へと成長し経済発展も著しくなってきています。

表面的な多様化が進む一方で、互いの文化国籍を受け入れ合う心の多様化は行き詰ってきます。

マルタという国が引き起こしている問題ではなく、世界で引き起こしている問題です。

 

今までは外部からのニュースや情報を耳にするだけでしたが、自分で直に経験することでさらに互いのナショナリティアイデンティティを理解することの大切さに気付きました。

きっと私のような経験をした方もいると思います。ですが全てマイナスに引きずることなくこれを機に自身で気づくこと、学べることもあります。私はそう思うようにしました☺

 

 

続いて英語力の壁について。

1か月ほど前からワンランク上のレベルのクラスに行きすごく大きなチャレンジを感じています。全スキルがハードです。リーディングはスピーディーに解くスキルが必要とされ、リスニングは一度でどれだけの情報をキャッチできるかが必要とされ、スピーキングでは自分の言いたいことを正確な構成・発音でスムーズに伝えれるかが必要とされ、全部ダメージをくらっています(笑)授業内だけでは解消しきれません。

また周りの友達は自分よりも英語力が高く、ああ、なんでそんなボキャブラリーがスラスラ出てくるんだ、ああ、なんでそんなクリアな発音でスムーズに話せるんだと刺激をもらう日々です。

授業で学んだことだけでなく友達から学んだボキャブラリーやフレーズがたくさんあります。それら全てメモするだけでなくアウトプットして自分のものにしていけるように奮闘中です。しかしいっぱいありすぎて頭パンパンです(笑)

調子のアップダウンが毎日あり成長を感じる・感じないの繰り返しです。

 

しかし弱音を吐いてしまうのと同時に、今の瞬間がどれほど貴重な時間なのかすごく感じています。

ここに来てからいっぱいの感情が溢れに溢れていますがそれも全て良い経験だと自分を鼓舞して残り少ないマルタ生活頑張ります☺

 

すごくネガティブなことばかり書いてしまいましたが私はとってもとっても元気いっぱいです!!!大変だな辛いなと思うことでも以前に比べては「ま、大丈夫か!」と切り替えが早くなりました(笑)なのでこれら全ての経験も「ま、大丈夫か!」と前向きにになれています!

ただ留学は楽しいことばかりだけでないということを改めてお伝えしたくブログに書いてみました。少しでもその思いが伝われば嬉しいです🌻

 

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました🌻